スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンでメイドさんを雇ってみた結果

私は家事がとても嫌い。たぶん専業主婦は向いていません。
以前は自分も働いていることをいいことに手を抜いたり、夫にも家事労働を負担するよう仕向けたりしていました。妊娠と出産をきっかけに専業主婦になってしまってからも、妊娠による体調不良と育児を理由に手を抜き続けました。家事もロクにできず、またお金も稼げていない自分に不満がいっぱいでした。自分で選んだ結果なのですけど。きっと夫も仕事と家事の両立に苦労していたことでしょう。

そして、夫の海外赴任により半年前からフィリピンで生活することになりました。
以前のブログ記事にも少し書いたのですが、こちらではメイドさんを雇うことが一般的だそうで、低い賃金でメイドさんに来てもらえます。炊事、掃除、洗濯から子どものお世話までやってもらえるらしいと聞いたときには夢が広がりました。

それでも不安はたくさんありました。実際にメイドを雇ったことのある人が周りにおらず、私の主な情報源は「なんかいいらしいよ」というふんわりした夫からの情報とインターネットのブログ等です。

そもそもどうやって見つけるの?コミュニケーションはちゃんととれるかしら。モノを盗まれたりしないかしら。ちゃんと毎日出勤してくれるかな。そもそも他人に家事だけでなく子供の世話まで任せてしまうのってどうなのだろう。(私の存在意義は何になるのかしら?)

そんな色んなことを心配しながらもとりあえず様々なツテを利用し、メイドさんに実際に来てもらえることになりました。

そして半年が過ぎた結果…
私たち家族が毎日平和にフィリピンで生活できているのは、たぶんメイドさんのおかげです。家事と育児から自由になった時間はブログを書いたり、カフェに行ったり、勉強をしたりと自分のために使わせてもらっています。まあ毎日の楽しいこと!おかげで通訳案内士試験にも合格できました。

はじめは他人に家に入ってもらうことに若干の抵抗があったので、通いで週に3日だけお願いしていたのですが、すぐにメイドさん無しでは生活できない体になり、その後週に5、6日来てもらっています。
何よりもいい、と思ったことは、自分に余裕ができたことで子どもにも余裕を持って接することができるようになったことです。やってみたわかったのですが、子育ては一人でできるものではないです。親の力でも他人の力でも借りられる力は借りて、みんなで一緒にやるものなのだと思います。ついでにこの国は英語が公用語なので、私たちのような外国人の家庭の子どもも、メイドさんのおかげで自然に英語を覚えられるようです。

でもでも、色んな問題はやっぱりあることも事実。実は今もメイドさん関連でちょっと悩んでいることがあります…。解決したらまたブログに書こうと思います。

日本政府はいくつかの特区で外国人による家事代行を解禁し、先日そのフィリピン人メイドの第一陣が日本に出発したという新聞記事を読みました。色んなリスクはあるかもしれませんが、優秀なフィリピンのお手伝いさんは日本を変えると私は信じています。










テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

ななつことば Nanatsukotobaにタイトルを変更しました

中国語と英語と子育てのことを書こうと思い、2016年1月からこのブログを始めました。月に3回程度の更新ですが、細々と1年以上続けられています。

昨年8月からフィリピンで生活し、中国語と英語以外にもフィリピン語を始めたり、あんまり子育てのことを書いていなかったりでタイトルと内容が合っていない気がしてきたので、心機一転、タイトルを変えることにしました。

新しいタイトルは「ななつことば」です。
「Nanaの言葉」と「七つの言葉」からです。
理由は私は言葉が好きだから。書き言葉も話し言葉も外国の言葉も!手を出した外国語も七つくらいだし。そしてちょうど娘は七月生まれ。本名が隠れているのもポイントです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。これからは月に7回くらいは更新したいです。


フィリピン語でお母さんはnanay(ナナイ)。本名を正確に聞き取ってもらいにくいので、最近コーヒーショップ等ではNanaと名乗っています。


テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

フィリピンで子どもが入院した話

先月はちょっと大変な月でした。1歳半になる娘が発熱で5日間入院していたのです。娘はこれまでそんなに頻繁に熱を出したりすることはなかったので、まさかこんなに小さいうちに海外で入院することになるなんて思ってもいませんでした。

入院前3日を合わせて6日間、39~40度の熱が断続的にあり、はじめは何の病気かもわからなかったので本当に心配しました。結局、小児バラ疹という発熱の後に発疹が出るウイルス性の病気でした。子どもがよくかかる病気だそうです。

高熱に加えて、点滴の処置や投薬など娘にとってストレスがいっぱいで、泣いたり、ぐずっだり、ぼんやりしていたりで本当に辛そうで可哀そうでした。代わってあげたかった。

ところで先日こんなタイトルの記事を書いたせいか、入院した病院には通訳さんがおらず自分の口から伝え放題でした。(後から聞いたところによると、通訳サービスも頼めばあったそうです…)

日常会話だと、少しくらいわからないところがあっても流せてしまいますが、今回は娘の命がかかっていたのでそういう訳にいかず必死でした。何度「わかりません(I don’t understand)、もう一回言ってください(Can you say that again, please?)」と言ったことか…。大変でしたが、勉強にはなりました。結構何とかなるものだとちょっと自信がついてしまいましたよ。

以下は私の新出単語の覚書です。

roseola infantum 小児バラ疹 (先生はroseolaをロショーラと発音してた)
rash 発疹
be hospitalize 入院する 
be discharged from the hospital 退院を許される
中国語:允许出院/出院回家
out of the hospital / go home

blood test 血液検査
CBC (complete blood count) 全血球算定 採取した血液に含まれている赤血球と白血球と血小板の数を調べる検査法

virus infection ウイルス感染
germ 菌
bacteria  バクテリア
antibiotic  抗生物質

IV (intravenous) 静脈注射、点滴 drip
be dehydrated 脱水症状
vein 血管  (collapse (血管が)切れる)
urinalysis 尿検査



キレイな大きな病院でした。



自分の気持ちは自分の口から伝えたい

フィリピンに来て約半年、娘や自分のことで時々病院のお世話になっています。こちらでは家の近所にある日本語の通訳さんや日本人医師のいらっしゃる病院に行っています。

多少英語が自分でもわかるとは言っても、やっぱり母国語でサービスを受けられるのは本当に有難いです。体調が悪い時に外国語を使うのはしんどいですし、専門的なことはやはり日本語で確認したいからです。

そしてこれまでは自分が通訳をする立場になることが多かったのですが、通訳をしてもらう立場になって気づいたことがあります。
それは通訳って大事、有難い!と思うと同時に、通訳さんを信用していても話されている言葉がわからないと、「私の言ったことが100パーセント先生に伝わっているかしら?」という不安を少し感じてしまうことです。そして例え100パーセント意思疎通がうまく行っていたとしても、やっぱり自分の気持ちを自分で伝えたい気持ちが残ることです。

なので、いくらこれから技術が発達して翻訳や通訳を機械が担うようになっても、人間はきっと外国語を学び続けたいと思うだろうし、必要があると私は思います。自分の気持ちは自分しか伝えられないからです。

同時に、自分が通訳するときは、通訳を聞く人に不安を感じさせないように気を付けなくてはと思います。通訳の存在を感じさせないような通訳が理想。

ちなみに病院では先生が私たち患者に話すときは英語ですが、通訳さんと先生の間では英語とフィリピン語です。

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

しゃべりたがり

最近気づいたのですが、私はどうも人見知りしない性質のようです。
日本でもその辺の知らない人と割とおしゃべりしていました。(関西人気質か?)
元々しゃべりたがりの上、今は英語が通じる外国にいるので、いつもおしゃべりするチャンスを虎視眈々と狙っています。お買い物中に店員さんと、とか、エレベーターで一緒になった人と、とか。
ちなみに平日日中のおしゃべり相手はだいたいドライバー。

昨日は子どもを預けて、一人でお買い物に行ったのですが、軽食スペースで同席したアメリカ人女性とフィリピン人家族とちょっとおしゃべりができました。
食べ物の話などとっても他愛無いことをほんの10分ほどお話ししただけなのですが、とても楽しかったです。こんな時英語が話せてよかったなあと思います。子どもを連れていると子どもの話になってしまうけれど、昨日はそうではなかったのでそれも良かったのかもしれない。

次はフィリピン語でおしゃべりできるようになりたい!



昨日はバレンタインデー。フィリピンでは男性が女性にお花をプレゼントするんですって。

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。