フィリピン人に英語を習う

15年以上前になりますが、私が高校生の時、通っていた英会話スクールの先生はフィリピン出身の方でした。アメリカ滞在の経験もある方で、とてもキレイなアメリカ英語を話す先生でした。日本語もお上手で大好きな先生でした。
数年後、社会人になった時にそのことを年配の上司に話すと、「フィリピン人に英語を習うなんて!なまった英語を習ったんだな」と言われました。当時の私は今よりももっと英語が下手だったので、先生の素晴らしさを証明できず悔しかったです。
それから数年後の現在、フィリピンへの語学留学や、レアジョブのようなオンラインでフィリピン人に教わる英会話レッスンがとても流行っています。もし当時の上司に会えたら言ってやりたいです。「私は時代の先端を行っていたんですよ。」

その先生や、今のレアジョブの多くの先生方の英語の発音はとてもキレイなアメリカ英語です。
なのでフィリピンの方はみんなそうだと思っていたのですが、今、実際にフィリピンに来てみるとそうではないことが分かりました。個人差が激しい!
英語の先生や幼稚園の先生といった専門の先生はなまりのないアメリカ英語を話される方が多いです。でもメイドさんやドライバーさん、お店の店員さんなどはなまってることが多いです。そして英語力も人によってまちまちです。
フィリピンに語学留学する場合は語学専門学校に入ると思うのですが、そこの先生の英語はキレイだと思います。でも一歩学校をでるとタガログ語ワールド。現地の方同士はタガログ語やその地の方言で話されます。外国人と話す時だけ英語。テレビもタガログ語。(英語チャンネルもあります。)公用語なので全体的に日本よりは英語が通じますが、当然アメリカとは状況が違います。

先日、ついにメイドさんが見つかり、週に何日か来てもらうことになりました。英語は使える方なのですが、結構なブロークンイングリッシュです。特にメールの英語は解読が難しい。今後、娘が彼女だけから英語を聞き覚えるとやっかいかもとちょっと心配しています。
スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nana(Atsuko)

Author:Nana(Atsuko)
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク