Rarejobで英語の勉強

オンライン英会話のレアジョブで英語を勉強しています。
2014年7月から始め、途中休会もしていますが、始めてから1年半が経ちました。
現在累計で約230レッスン(115時間)受けています。
主にフリーカンバセーションとDaily news articleをしています。

効果としては、英語を話すことに抵抗がなくなったことです。
以前は話すことに自信がなく、いつも緊張していましたが、
今では少々の間違いは気にせず話すことができるようになりました。
これは私にとって非常に大きな収穫です。
フィリピン人の先生方は明るい方が多く、いつも楽しい気持ちになれます。

この会社の社長はレアジョブをスターバックスのような
サービス業として位置づけているようです。
そのためか、あんまり厳しいことを言う先生はいないように思います。
基本的にGood, great, your English is great と褒めてくれます。
楽しい時間が過ごせることが多いですが、
取り組み方によってはあまり勉強にならないこともあります。
それでも気の合う先生とのレッスンは気分転換になります。

毎日レッスンをとっていた時期があったのですが、そのことでどんなにやる気がない日でも
少なくとも25分間は英語に触れる時間を確保できたこともよかったことの一つです。

スポンサーサイト

テーマ:English - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク