元駐在員のしくじり体験

過去に正社員として製造業の会社で働いていたとき、中国に駐在員として派遣されたことがあります。
そして2か月で文字通り泣きながら帰国しました。

そのことは私の中で黒歴史で、この10年間、あれは何だったのか、私の何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかを考えたり忘れようとしたりしてきました。恥ずかしいことだと思っていたのであんまり人に自分から話すこともしませんでした。

夫がフィリピン駐在になり、異国の地で奮闘する彼の背中を見ているうちに色んなことを思い出し、また考えるようになりました。
ひとつはっきり言えることは、「駐在員はやっぱり大変だ!」です。そしてそれは経験していない人にはなかなかわかりづらいことなのだと思います。(ついでに言うと駐在妻もなかなか過酷なんですよ~。闇が深いです。この話はまた今度書きます。)

駐在員として派遣されると会社から様々な補助が与えられます。当時の私の場合だと、赴任手当、住居の補助、引越の補助などなど。その点は大変恵まれていた思います。でもお金ではない、足りていなかったサポートがありました。それは駐在員へのメンタルサポートです。

海外で働くにあたっては様々な壁があります。言葉の壁、文化の壁、人間関係の壁等です。食事が合わないという人もいると思います。もちろん仕事のプレッシャーも大変大きいです。会社にお金をかけてもらっている以上成果を出さねばなりません。
でも異文化の中で働くということは一体どういうことなのか、きちんと事前教育を受けられる人材はどのくらいいるのでしょうか。私の場合はそんな教育は会社ではなかったし、夫の話を聞く限り彼も受けていないようです。私は実際に赴任して初めて「なんじゃこりゃ!」と思うことだらけでした。

当時の私は社会人2年目で、ロクな経験もスキルも人脈もなく異国の地に派遣されました。
派遣理由はただ一つ、「中国語ができたから」です。

今考えればものすごく大きなチャンスであったと思うと同時に、なんて無謀なことだったんだろうと思います。結果私は自信を無くし、好きだった中国語も嫌になり、仕事への意欲も無くし、最終的にはその会社を退社しました。会社には大きなご迷惑をかけたと思います。

でも今の私からすると、あれは完全な人材の選択ミスです。語学力だけで駐在員を選定すべきではないと思います。海外で働くには語学力はあった方がいいですが、それだけでどうにかなるものだとは思いません。

夫が今どんな環境でどんな仕事をしているのかはよく分かりませんが、毎朝早くに家を出て行って、遅く帰ってくる様子や表情や話しぶりからだけでも大変そうだなあと思います。
私にできることは少ないですが、とりあえず私が楽しく暮らし、せめて家庭は安らげる場所になるように努めようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nana(Atsuko)

Author:Nana(Atsuko)
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク