スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン語も勉強中

フィリピンでは基本的に英語が通じますが、国語はフィリピン語(タガログ語)です。
外国人が少しでもフィリピン語を話すととても喜ばれます。
外国語オタクの私としてはこの機会に学ばない手はない!ということで、昨年の10月くらいから
勉強を始めました。
車での移動中にドライバーに習う他に、一週間に一回家庭教師の先生に習っています。

勉強するにあたって、こちらの書店でテキストを探したのですが、あまりたくさんありませんでした。
とりあえず適当に選んだのがこのテキスト。

I'd like to speak Filipino 1
Victoria P. Carlos

CDが付いていたのが決め手です。語学はやっぱり耳からです。
でも初めの方に簡単に文法等の説明があるだけで、本文のダイアログはシチュエーションごとの対話です。
多くの語学テキストにあるように順序立てた新しい文法の説明がないので、初心者には勉強しにくいテキストでした。

そして今使っているのがこのテキスト。
11月に一時帰国したときに日本で買ってきました。

フィリピン語 (世界の言語シリーズ6) CD2枚付 (大阪大学世界言語研究センター 世界の言語シリーズ)



もっと薄くて簡単そうなのを考えていたのですが、ダイアログがそのまま使えそうで、かつ文法事項の説明が詳しそうだったのでこれにしました。もちろんCD付き。3456円。
まだ1課分を終えただけですが、文法説明もわかりやすく、気に入って使っています。天下の大阪大学が出版しているだけあります。たくさん載っているコラムを読むだけでも楽しいです。
スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。