中国語検定の勉強法を思いついた!

どうやったら中国語検定1級に合格できるのでしょうか。
合格率3%の超難関試験です。言語が違うので単純比較はできませんが、英検1級より難易度が高そうです。合格できたらかっこいいなー、と思いながらもう10年くらいが過ぎています。身近に合格した人がいないので、もはや神話なのではないかと思ってしまうのですが、実際に合格された方はいるようです。あのすごい先生なんて留学経験なしで大学卒業後すぐ受かったそうなので、できる人はできるんでしょうね。

さて、凡人の私はどのように対策をすればいいのか。
勉強法を研究しています。

中国語検定トレーニングブック準1級1級 アスク出版



このテキストで勉強しようと何度もトライしているのですが、問題集って面白くない…。ものすごく勉強した気になって、時計を見たら5分しか過ぎていなくてびっくりしました。時が止まる。好きな羅志祥のドラマやバラエティー番組なら延々と見てられるのになあと思っていたら、2つ思いつきました。
題して「ドラマで目指す中検1級講座」。ドラマの場面とともに表現や単語を覚えるのです。好きなものと組み合わせれば楽しく勉強できそう。羅志祥のドラマでやりたいな。『海派甜心』とかどうかな。
もう一つは「原書で合格★中検定1級講座」。原書会では主に多読や内容理解にフォーカスが当たってると思うのですが、こちらでは精読をします。お気に入りの作品なら楽しく勉強できそう。去年のツイッター原書会の課題図書『活着』なんてどうかなと思います。
誰か一緒にやりませんか~?


↓こんなテキストで勉強するのも楽しそう。
華流スターの中国語







スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana(Atsuko)

Author:Nana(Atsuko)
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク