スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいのは通じないことではなくて

私はお金をもらって通訳業務をしたことがあるので自称通訳者ですが、通訳者としての実力は一番下のレベルだと自覚しています。

それでもお客様の所期の目的を達成するお手伝いができ、お客様から感謝されました。その場の言葉だけでなく、実際に指名されて再度同じお客様からお仕事をいただけたことは私の財産です。成功体験というやつですね。その理由としてコストパフォーマンスという要因もあると思いますが、通訳として最低限の役割が果たせたからだと思います。

通訳の仕事は発言者の言っていることを理解して、もう一方の聞き手に分かる言語で伝えることです。通訳としてはよくないのですが、一度聞いただけでは100%理解できないこともあります。そんな時私は必ず発言者に聞き返したり、自分の理解であっているか確認したりします。

このことは通訳業務だけに限らず、他の業務でもよくある光景ではないでしょうか。 以前勤めていた会社で聞いた「会社員の仕事のほとんどは伝言ゲームや」という言葉は名言だと思っています。

私は「伝えたい」「わかりたい」という両者の気持ちさえあれば、たとえあまり言葉が通じなくとも大抵のことは分かり合えると信じています。問題はことばではなく、姿勢なのだと思います。

コミュニケーションにおいて私が悲しいと思うのは、「どうせ言ってもわからない」「言葉がわからないから話さない」という姿勢を二者のうちのどちらかが始めからとってしまうこと。もうひとつは「君の言いたいことはこうなのだろう」と全く違う次元の事を言われること。相手はそもそもわかろうともしていないのかもしれません。「私はわかっている。」と言いながら本当はちっともわかってなどいないのです。話せばわかるなんて幻想です。もし本当なら世の中はきっともっと平和なはずだもの。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。