スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オネエのフィリピン人に英語を習う

昨年10月から語学学校で週に1回3時間、英語のマンツーマンレッスンを受けています。グループレッスンも受けられるということで、昨日始めてグループレッスンに行ってきました。

色々衝撃的な授業でした。

この学校はIELTS対策が主体の学校のようで、生徒はIELTSを受けるために通っているみたいです。みんなカナダやアメリカで働きたいそうです。生徒は十数人で、20代くらいから50代くらいの女性がほとんどで、一人だけ男性がいました。

授業前にはみんなでフィリピン語でテンション高くおしゃべり。
ワタシ、めっちゃアウェイ。
先生はSir. Blue (仮名)という30代くらいの背の高いたぶん男性。
教室に入ってくるなりテンションの高いフィリピン語。 赤い口紅塗って、ピアスして、細身のパンツを履いてました。
私の台湾のアイドルSHOWさん(羅志祥)がバラエティー番組でやるオネエ(Dancing king哥)を思い出しました。

「あなた日本人なのね!日本語知ってるわよ、えっと、センプウキ!センプウキをキキナサイ!」
誰かが静かにするようにという意味で「扇風機を聞きなさい」と言ってたらしい。
扇風機の羽音を聞くためには静かにしないといけないから。こんな表現始めて聞いた。
その後しばらくクラス中で「センプウキ」「センプウキ」という単語がこだましていました。

Sir. Blue は「今日は外国人がいるからみんなフィリピン語禁止よ~」といいながら、結局授業の6割はフィリピン語でした。
しかも大事なポイントをフィリピン語で言うのでわからない。

ワタシ:先生、今のところ英語でもう一回言ってください。(Sir, could you say that again in English?)
Blue :あら、英語だったわよ~ (Oh, it was in English!)
ワタシ:そうですかね (I don't think so.)
Blue : あらやっだー!(Oh, no!)

って感じです。

おかげでtapos (それから)とpero(でも)というフィリピン語が覚えられました。
英語で話していてもなぜかこの二つはフィリピン語で言うのが不思議。

ワタシ、めっちゃアウェイ。でもこのクラスに通えばフィリピン語が上達しそうです。
普段見れないフィリピン人の様子が見れるのもちょっと面白い。

ちなみにたぶん韓国語の先生もオネエっぽいし、私が普段習ってる先生は女性だけどクネっとしてるし、受付の女性もよく甘え声を出しているし、マネージャーの男性は男っぽいけれど後ろ髪を小さく三つ編みにしていて、なんとも女っぽい学校です。


IELTSのリーディング問題めっちゃ難しい…
スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。