私の通訳学校歴(中国語)

留学後の11年の間に通算で3年半通訳学校に通いました。通訳になるため!というよりは中国語の勉強がしたいという思いで通っていたことが多かったです。学費も安くないし予習復習も大変なので仕事と生活に余裕のある時に、そしていろんな学校を見て見たかったので関西にある大手3校全部行ってみました。(現在コングレインスティテュートは閉校しています。)

2004年9月〜 (1ターム) 本科1 インタースクール
留学後、大学の授業だけではもの足りず、ふわっと通う。なんとみのり先生と同じクラスでした。

2006年4月〜 (1ターム)  基礎科Ⅰサイマルアカデミー
授業が週1回、日曜日だったので。インタースクールよりも若干厳しい印象を受けた。

2007年4月〜 (4ヶ月)  基礎科1 コングレインスティテュート
中国赴任のためターム途中で退学。学費が安めでした。

2009年4月〜 (1ターム)  基礎科1 コングレインスティテュート
派遣社員になり、時間に余裕ができたので。派遣会社の福利厚生で学費が割引になりました。

2009年9月〜 (2ターム) 本科1→本科2 インタースクール
今の夫である当時の恋人が長期海外出張になり、暇になった週末の時間を勉強あてようと思って。

2013年11月〜 (4ヶ月)  基礎科1→本科1進級 サイマルアカデミー 新しい仕事で余裕がなくなり退学。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク