募集:第二回中国語オンライン通訳案内士試験勉強会(再掲)

試験まであと41日!勉強会はまだ募集していますよ~

第二回中国語オンライン通訳案内士試験勉強会

日時:2016年11月6日(日)10:30-11:30(日本時間)
内容:2分間のプレゼンテーションの練習。質疑応答も行う
人数:3人(残席1)
対象:中国語の通訳案内士試験に向けて勉強中の方。
問合せ:nana2hon@gmail.com

第一回の様子はコチラです。

ちなみに最近の私の勉強ですが、自己紹介と通訳案内士になりたい理由を受験外国語でスラスラと言えるように練習しています。
聞かれるかどうかわかりませんが、最低限これは言えるようにしておきたいです。

本番の試験までに準備しなければならないことは山のようにありますが、
私は「これだけは言えるようにしておきたい」ことから優先順位をつけて準備をしています。
例えば自分の出身地の観光地のこと。もしガイド試験で出てこなくても、今後外国語で(日本語でも!)紹介する機会はいっぱいあると思うので。

最近始めたフィリピノ語(タガログ語)の勉強が楽しすぎて、ちょっとガイド試験対策が後ろ手に回りつつあり、まずいです。
試験の日が近づいてきているので、時間を大切に使いたいです。
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

語学とワタシ

私がこれまで手を出した外国語。

英語⇒義務教育からスタート。学習歴は20年(!)。留学経験ナシ。翻訳など仕事で使ってきた。
中国語⇒大学で専攻。学習歴は16年。留学経験アリ。 翻訳など仕事で使ってきた。通訳も少し。
ハングル⇒半年サークルで習ったのと留学中に韓国人に「いただきます」を教えてもらった
フランス語 ⇒ 大学の第三外国語として1年履修。覚えているフレーズは「私は日本人です。」
台湾語 ⇒ 台湾人の友人に少し習ったのと、スクールで約5時間のレッスンをとった。
アラビア語⇒3,4時間レッスンに参加。「アッサラームアライクム」を覚えた。
モンゴル語⇒友人に習った。「こんにちは」が言えます。
タガログ語⇒来週から勉強予定。

その他、高校生の時に放送部で日本語共通語アクセントを特訓。
でも未だ、自分では共通語アクセントで話しているつもりでも気を抜いたら関西アクセントになってしまう…聞き手が関西人等、場合によっては関西アクセントが有利な時もありますが、 通訳では訛りのない聞き取りやすい日本語が必須なので、これからも練習したい。

それにしても、人にも言われるし自分でも思うのだけど、ホント私外国語が好きね。
言語運用能力があるのは中国語と英語だけだけど。

わからない言語を聞くと、なんて言ってるんだろうと興味が湧くし、自分でも話してみたくなる。
新しい単語を覚えたり発音したりと、特に初級レベルの学習はいつも本当に楽しいので、きっとこれからも語学オタクの道を邁進するだろう。それと同時に中級レベルからの苦しさも知っているので、本気で勉強を続けるのは中国語と英語くらいかな。

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

Lonely Planet Japanで試験対策

ガイドブックって楽しいですよね。
フィリピンのことを知るために持ってきた地球の歩き方を熟読しています。
そして日本のガイドブックを読めばガイド試験に役立つのではと思い、有名どころのロンリープラネットが読みたくなりました。ネットで調べたところ、実際にガイド試験対策に読まれている方も多そうです。
テレビ東京系の外国人インタビュー番組「Youは何しに日本へ?」でよく外国人観光客の方が持っているアレです。


Lonely Planet Japan 14



そして私が今いるのは洋書天国フィリピン、近くの書店ですぐに手に入ると思いきや、無い!中国や韓国、イタリア、スペインなどはあるのに。なぜだ。近所の本屋を3,4軒周り、こちらの有名チェーンの2軒(National bookstoreとPower books)には取り寄せも依頼してみましたが、入手までに8週間もかかると言われてしまいました。それでは今年のガイド試験に間に合わない。

Kindleで電子書籍も購入できますが、やはりガイドブックは紙で読みたいしなぁと諦めかけていたのですが、今日近くの大型書店(Fully booked)で発見しました。わーいわーい。高かったけど。

ざっとページをめくってみたのですが、とってもいい感じ!特にガイドブック冒頭の日本の大まかな紹介が勉強になりそうです。
例えばJapan's Top25には京都の寺院と庭園、温泉、和食、花見などガイド試験対策に必須のテーマが取り上げられています。キレイな写真も載ってて楽しい。日本に帰りたくなります。
他に日本でスキーを楽しむには、子連れの旅行のヒント、どこで何を食べるか等、外国人観光客目線で書かれている記事が面白いです。

中国語版も欲しいなあ。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

開催報告:第一回オンライン通訳案内士試験勉強会(中国語)

本日2016年10月8日(土)、第一回オンライン通訳案内士試験勉強会を開催しました。

参加者は私を含めて2名。中国語での開催です。
交代でお互いに受験生役、試験官役になりそれぞれ3つのお題で練習しました。

ちなみに参加してくださったのはバリキャリママブロガーの弥太郎さん。2人もお子さんがいるにもかかわらずお仕事もお勉強も精力的になさっててとっても尊敬している方です。一緒にお勉強ができて大変光栄でした。

私の用意したお題は「日本の春の魅力について、日本の伝統芸能について、日本の自然災害について」、出してもらったお題は「おすすめの温泉、初詣、回転ずし」でした。

温泉は準備していたテーマであったものの、初詣と回転ずしは準備していなかったので、いざ話そうと思うとうまく言えない...他にも たこ焼き、綿菓子、パチンコなど話したくてもさらっと中国語が出てこないことがたくさんあることに気づきました。次に同じことを聞かれたらスムーズに答えられるように練習しておかなくては。日頃からこれは中国語でなんというかと意識しておくのが大事だと思いました。

やっぱり誰かと勉強するのは楽しい!受け身でレッスンを受けるのとはまた違った刺激を受けました。例えばプレゼンテーションの内容。春の魅力としてタケノコを紹介するのはいいな!とか。自分では思いつかなかったです。

私の出したお題は、どれも事前にオンラインレッスンで話していたものなので、どのように答えられるのかとても興味深く聞くことができました。
勉強会では、答えにくい質問の時にどう逃げるかやプレゼンに自分のエピソードを絡めるとガイドの人間味が出せていいのではないか、ということも話題に上がりました。

そして弥太郎さんからは「試験に向けて危機感が持て、よいモチベーションになりました。」と感想をいただきました。

お互いに相手や自分のパフォーマンスから課題や試験までの対策が見えてきたのではないかと思います。(少なくとも私は見えました!)

そして中国語の第二回も開催決定!
残席が1席ありますので、ガイド試験を受験予定の方、受験予定はなくてもプレゼンテーション練習をしてみたい方、是非お申込み下さいね。

中国語オンライン通訳案内士試験勉強会

日時:2016年11月6日(日)10:30-11:30(日本時間)
内容:2分間のプレゼンテーションの練習。質疑応答も行う
人数:3人(残席1)
対象:中国語の通訳案内士試験に向けて勉強中の方。
問合せ:nana2hon@gmail.com



今回は通信状況が良くなかったので画面はオフにして行いました。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

フィリピンの華人と話す

メイドさんのおかげで少し余裕ができたので、語学スクールに行ってきました。中国語レッスンもあったので、トライアルレッスンを受けました。

先生はフィリピン生まれの華人の方。お父様が福建省のご出身とのことで、南方の香りのする中国語でした。子供の頃はこちらの中華学校に行かれたそうです。スクールは主に初学者向けで、残念ながら私のレベルに合うクラスはないとのことでしたが、フィリピンで思い切り中国語で話せて楽しかったです。

フィリピンで中国語を学ぶ人の目的は仕事や趣味とのことです。2人の美人フィリピン女性の生徒さんを見ました。ビジネスエリアには中国人がとっても多くいるそうです。先生は平日は別の会社で中華系客先の相談対応の仕事をしてらっしゃるそうです。

ついでに近所の美味しい中華レストランや中華街のことも教えてもらいました。中華街には中国語書籍を扱う書店もあるそうです。行ってみたい。でも中華街は私が生活しているエリアとは違って、治安があまり良くないそうで、気をつけて!と5人くらいから言われたのでちょっと怯えています。フィリピン人の方についてきてもらえば大丈夫とのことなので、誰かにお願いして行ってみたいです。

今週は同じ学校の英語レッスンにも行く予定です。学校はたのしいな。



テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

しゃべるためのコツ

スカイプの英語レッスンで会話練習をすること多いです。そのときの流れに任せて話すこともありますが、大抵は事前に今日はこれについて話そう、と決めて、単語を調べたりしてから臨みます。そうして自分の言いたいことを調べて使った言葉は忘れません。使い方が違っていれば教えてもらえるし。

私がテーマにするのは自分の身の回りのこと。妊娠中は体調の事、出産後は育児の話、最近はフィリピンの生活の話しをしています。あとはそこから広げた日本のこと。日本の出産事情や育児、考え方など。

外国の方は私が日本人というところに興味を持ってくれるので、日本のことを話せるというのは大事だと思っています。そしてそうやって自分が話せるネタのストックを貯めていくと、しゃべれるようになるんじゃないかなあと思います。
これは中国留学中に自然にやっていたやり方を英語に応用したものです。

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

留学しなきゃ話せない?

留学しなくても外国語は習得できます。
留学しても勉強しなければ習得できません。

できない人ほど、現地に行けば現地語がすぐにできるようになる、とか言います。
行ったらできるんじゃないんです。行って、勉強したからできるようになったんです。

だから外国語はどこでも習得できる。

でも語学留学に意味がないとは思いません。
私は語学留学で中国に行きました。第一目的は会話力の向上でしたが、第二目的はなるべく多くの中国の人と関わり、中国の人を理解するように努めることでした。そして当時を振り返って今思うことは、第二目的に私の留学の醍醐味があったということです。

今の日本には非常に多くの中国出身の留学生や仕事をされている方、観光客がいらっしゃいます。私が留学した2003年当時もいらっしゃいましたが、今よりは少なかったと思いますし、今ほどネットも普及していなかったので、どこにいけばそういった方々と交流できるかわかりませんでした。

なので、約一年間、現地で生の中国の方と交流したことは、私の人生において非常に大きな意味があったと思っています。少なくとも、留学を終えて10年以上も経つのに、まだ連絡を取り合っている現地の友人がいることは私の財産だと思います。

そんな自分の経験から、多くの人に外国に行ってほしいと思っています。でも同時にもし様々な理由で行きたくても行けないとしても、語学習得をあきらめるのはもったいないと思います。だって今は日本に外国人が押し寄せてるし。そしてインターネットという素晴らしいツールがある。スカイプで外国の人と交流することができるし、自分の書いた作文を見てもらうこともできます。

私は英語が好きで、ずっと勉強しています。でも少し前までコンプレックスがありました。テストの点数はとれてもしゃべるのが下手だったからです。今でも下手ですが、コンプレックスはずいぶん解消されました。
それはスカイプレッスンのおかげ。
2年前からスカイプの英会話レッスンで練習時間をとることで自信がついてきました。
今のレベルはまだまだですが、時々なんで英語しゃべれるの?留学してたの?って聞かれることも。
いいえ、それはスカイプのおかげです。

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク