8月のオンライン原書会(曹文軒)

ぎりぎりになりましたが、8月のオンライン原書会の感想です。
今月のテーマは児童文学作家の曹文軒の作品ということで、私は 《海边的屋》を読みました。日本のアマゾンでkindle版を購入。

海边的屋 The Little House by the Sea



表題の短編小説《海边的屋》の他、《守夜》(邦題:よあけまで)、《太阳熄灭了》が収録されています。

中でも印象的だったのは《太阳熄灭了》です。
11歳の雅妮は両親と3人暮らし。幸せに暮らしていましたが、一家の太陽だったお母さんが亡くなったことで状況が一変します。お父さんがすっかり元気をなくしてしまったのです。

たった11歳で母を亡くした娘の世話をすることもなく、逆に自分の世話や家事もさせる父。

児童文学ということで、一時元気をなくした父も自分を取り戻し娘とともに再び幸せな家庭を築くというようなお話だろうと想像して読んでいたのですが、そんなに甘いお話ではありませんでした。父はお酒に溺れるようになり、ついに娘に暴力を振ってしまいます。現実にありそうなことでだんだん読むのが辛くなりました。
「大人は必ずしも非力な小さな子どもを守ってはくれない」という悲しい現実を子ども向けのお話で描いているのがすごいです。

お題の「日本の児童小説では見られない展開と感じた箇所」は情けない父親が描かれているところです。ずっと「おとんしっかりしろよ」とツッコミながら読みました。

日本の児童文学作家と聞いて思い浮かべたのは那須正幹氏です。ズッコケ三人組シリーズが小学生のころの愛読書でした。

ついでに思い出したのですが、私が初めて書店で購入した中国語の本は サン=テグジュペリ の『星の王子さま』の中国語版でした。中国語を本格的に勉強して3年目、旧HSK5級くらいのときです。内容を知らなかったのですが、 薄いし児童書なので読めるだろうと思ったのですが、私には難しかった…。結局その後だいぶん経ってから日本語訳書をチラチラ確認しながらなんとか読み終えました。それが若干のトラウマで、数年前まで私には原書なんて無理…と思ってました。今思えば本の選択ミスです。児童文学侮りがたし。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今年、通訳案内士試験に4度目のチャレンジで中国語、英語ともに合格しました。

これからやりたいことは教える仕事です。中国語を人に教えたいです。学校が好きなので学校も作りたいです。通訳の仕事もまたやってみたいです。
中検1級にも合格したいです。

ワタシ、34歳。ムスメ2歳。

2016年8月からフィリピンで暮しています。
駐妻ブログはコチラ↓
http://ameblo.jp/wenziacchi/

(2017/7/28)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク