スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のオンライン原書会(曹文軒)

ぎりぎりになりましたが、8月のオンライン原書会の感想です。
今月のテーマは児童文学作家の曹文軒の作品ということで、私は 《海边的屋》を読みました。日本のアマゾンでkindle版を購入。

海边的屋 The Little House by the Sea



表題の短編小説《海边的屋》の他、《守夜》(邦題:よあけまで)、《太阳熄灭了》が収録されています。

中でも印象的だったのは《太阳熄灭了》です。
11歳の雅妮は両親と3人暮らし。幸せに暮らしていましたが、一家の太陽だったお母さんが亡くなったことで状況が一変します。お父さんがすっかり元気をなくしてしまったのです。

たった11歳で母を亡くした娘の世話をすることもなく、逆に自分の世話や家事もさせる父。

児童文学ということで、一時元気をなくした父も自分を取り戻し娘とともに再び幸せな家庭を築くというようなお話だろうと想像して読んでいたのですが、そんなに甘いお話ではありませんでした。父はお酒に溺れるようになり、ついに娘に暴力を振ってしまいます。現実にありそうなことでだんだん読むのが辛くなりました。
「大人は必ずしも非力な小さな子どもを守ってはくれない」という悲しい現実を子ども向けのお話で描いているのがすごいです。

お題の「日本の児童小説では見られない展開と感じた箇所」は情けない父親が描かれているところです。ずっと「おとんしっかりしろよ」とツッコミながら読みました。

日本の児童文学作家と聞いて思い浮かべたのは那須正幹氏です。ズッコケ三人組シリーズが小学生のころの愛読書でした。

ついでに思い出したのですが、私が初めて書店で購入した中国語の本は サン=テグジュペリ の『星の王子さま』の中国語版でした。中国語を本格的に勉強して3年目、旧HSK5級くらいのときです。内容を知らなかったのですが、 薄いし児童書なので読めるだろうと思ったのですが、私には難しかった…。結局その後だいぶん経ってから日本語訳書をチラチラ確認しながらなんとか読み終えました。それが若干のトラウマで、数年前まで私には原書なんて無理…と思ってました。今思えば本の選択ミスです。児童文学侮りがたし。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

打てば響く

私の半径1メートルの人たちには中国語や原書の話をしても響きません。

私:中国語原書会っていうのんはね、
実家の母:そんなことより今日の離乳食はどうするのん

私:簡体字と繁体字の違いはね、
夫:うんうん、よかったねえ

私:お母さんは中国語が好きなの
娘:ばぶばぶー

私:・・・
実家の父: ・・・

でも打てば響く人たちとの交流って楽しい!
昨日は天天さんの関西中国語原書会に行ってきました♪
今回もたくさん面白そうな本がありましたよ。
気になった本は早速Kindle版のサンプルを入手してみました~

私は原書の他に最近お気に入りの中国語教材を紹介しました。
CD付 日本人の論語 中国人の論語


「CDもついてるのはいいですねー」等々反応がいただけてうれしかったです。
気になる関連書籍も教えていただき喜び倍増です。

ブログやツイッターなどのオンラインで交流するのも楽しいのですが、
やはり直にお会いしてお話しするのはいいですね。
今後もタイミングが合えば是非参加させていただきたいです。
フィリピンでも中国語学習友達ができたらいいなあ。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

中国語5冊目:《衷心笑》讀後感 ―ヒトとロボットの話

人工知能が小説を書いたり、囲碁で人間に勝利したというニュースが話題になっていましたが、小説『衷心笑』(心から笑って)の舞台は40年後、見た目はヒトと変わりないロボットと本物のヒトが入り乱れている世界です。恋人ですらロボットで間に合わせられます。見た目もよくて浮気もしない、その上ご飯も食べないなんて最高のお相手です。

この本は今年の3月に夫がトランジットで香港空港に寄るということで適当に買ってきてもらいました。目立つ場所にあり、 可愛らしい表紙に小説と書いてあったので選んだそうです。欄外に時々小さく入っている挿絵も素敵です。
作者の亦舒は 恋愛やファンタジーを描く香港の人気作家で、この本は今年1月に発売された300冊目の著作とのこと。映画化されている作品もあり、作品の多くが中国大陸でも発表されているようです。
香港の小説なので「廚子(コック)」、「月例(小遣い)」など時々馴染みのない単語が出てきたり、「可以幫你否」、「何處」といった文語的な表現がセリフに使われていることもありますが、そんなに難しい単語もなくセリフが多いのでとても読みやすかったです。

物語は淡々と進むのですが、徐々に衝撃的事実が明らかになっていきます。単純な私はその度に「そうだったのか!」と驚き、我ながら作者の思うつぼだと思いました。

動物を大事にしたり、人権を主張したりとロボットの方がなんだか人間らしくて、壊れたり不要になったロボットをさっさと片づけてしまう人間の方が感情がないように感じられました。かわいい挿絵と対照的に未来の世界は何だかうすら寒く感じました。

《衷心笑》讀後感
我常因感情而困擾,我很容易激動,也很容易鬧情緒。
我已經不是小孩子,不能隨時發脾氣,所以有時心里充滿憤怒表面上卻装作沒事的樣子。但這樣很累,有時我甚至覺得像機器一樣沒感情的話那有多好。
但未來的機器不一定没有感情。

小說《衷心笑》是40年後未來的故事。
有一間機械製造公司--衷心笑事務所為了減輕家務負擔,令主婦衷心笑起來,而研發出多種機械人,除了保母﹑廚師,竟然也有男女伴侶。雖然衷心笑事務所工程師爾泰始終認為機械沒有感情,但主人公王峨嵋的家務助理與一養了一隻機械犬,後來還養了真狗。
有一天峨嵋得知,被非法改造的殘疾機械人攻擊人類。

雖這本書有幾個轉折,很有吸引力,但我總覺得這本書文章寫得很平靜。可能除了後記以外沒有章節是理由之一。
爾泰說機械沒有感情,但熱愛小狗的機械人與一看起來很有感情。
除此之外,不需要的時候機械被關掉或者被放進垃圾袋,我不由得同情他们。
人類為自己創造了機械,但只要一遭遇問題就處理掉,人類真可怕。

我其實不太喜歡看科幻小說,但這本書寫的是不久的未來,我覺得很有意思.
聽說作者亦舒還寫過以更遠的未來為舞台的小說,有機會我想看看。

--------------------------------------------
《 衷心笑 》亦舒
讀書時間:2016/6/1-7/23 (10.5h)
------------------------------------------

zhongxinxiao.jpg

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。