スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンでメイドさんを雇ってみた結果

私は家事がとても嫌い。たぶん専業主婦は向いていません。
以前は自分も働いていることをいいことに手を抜いたり、夫にも家事労働を負担するよう仕向けたりしていました。妊娠と出産をきっかけに専業主婦になってしまってからも、妊娠による体調不良と育児を理由に手を抜き続けました。家事もロクにできず、またお金も稼げていない自分に不満がいっぱいでした。自分で選んだ結果なのですけど。きっと夫も仕事と家事の両立に苦労していたことでしょう。

そして、夫の海外赴任により半年前からフィリピンで生活することになりました。
以前のブログ記事にも少し書いたのですが、こちらではメイドさんを雇うことが一般的だそうで、低い賃金でメイドさんに来てもらえます。炊事、掃除、洗濯から子どものお世話までやってもらえるらしいと聞いたときには夢が広がりました。

それでも不安はたくさんありました。実際にメイドを雇ったことのある人が周りにおらず、私の主な情報源は「なんかいいらしいよ」というふんわりした夫からの情報とインターネットのブログ等です。

そもそもどうやって見つけるの?コミュニケーションはちゃんととれるかしら。モノを盗まれたりしないかしら。ちゃんと毎日出勤してくれるかな。そもそも他人に家事だけでなく子供の世話まで任せてしまうのってどうなのだろう。(私の存在意義は何になるのかしら?)

そんな色んなことを心配しながらもとりあえず様々なツテを利用し、メイドさんに実際に来てもらえることになりました。

そして半年が過ぎた結果…
私たち家族が毎日平和にフィリピンで生活できているのは、たぶんメイドさんのおかげです。家事と育児から自由になった時間はブログを書いたり、カフェに行ったり、勉強をしたりと自分のために使わせてもらっています。まあ毎日の楽しいこと!おかげで通訳案内士試験にも合格できました。

はじめは他人に家に入ってもらうことに若干の抵抗があったので、通いで週に3日だけお願いしていたのですが、すぐにメイドさん無しでは生活できない体になり、その後週に5、6日来てもらっています。
何よりもいい、と思ったことは、自分に余裕ができたことで子どもにも余裕を持って接することができるようになったことです。やってみたわかったのですが、子育ては一人でできるものではないです。親の力でも他人の力でも借りられる力は借りて、みんなで一緒にやるものなのだと思います。ついでにこの国は英語が公用語なので、私たちのような外国人の家庭の子どもも、メイドさんのおかげで自然に英語を覚えられるようです。

でもでも、色んな問題はやっぱりあることも事実。実は今もメイドさん関連でちょっと悩んでいることがあります…。解決したらまたブログに書こうと思います。

日本政府はいくつかの特区で外国人による家事代行を解禁し、先日そのフィリピン人メイドの第一陣が日本に出発したという新聞記事を読みました。色んなリスクはあるかもしれませんが、優秀なフィリピンのお手伝いさんは日本を変えると私は信じています。










スポンサーサイト

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

フィリピンで子どもが入院した話

先月はちょっと大変な月でした。1歳半になる娘が発熱で5日間入院していたのです。娘はこれまでそんなに頻繁に熱を出したりすることはなかったので、まさかこんなに小さいうちに海外で入院することになるなんて思ってもいませんでした。

入院前3日を合わせて6日間、39~40度の熱が断続的にあり、はじめは何の病気かもわからなかったので本当に心配しました。結局、小児バラ疹という発熱の後に発疹が出るウイルス性の病気でした。子どもがよくかかる病気だそうです。

高熱に加えて、点滴の処置や投薬など娘にとってストレスがいっぱいで、泣いたり、ぐずっだり、ぼんやりしていたりで本当に辛そうで可哀そうでした。代わってあげたかった。

ところで先日こんなタイトルの記事を書いたせいか、入院した病院には通訳さんがおらず自分の口から伝え放題でした。(後から聞いたところによると、通訳サービスも頼めばあったそうです…)

日常会話だと、少しくらいわからないところがあっても流せてしまいますが、今回は娘の命がかかっていたのでそういう訳にいかず必死でした。何度「わかりません(I don’t understand)、もう一回言ってください(Can you say that again, please?)」と言ったことか…。大変でしたが、勉強にはなりました。結構何とかなるものだとちょっと自信がついてしまいましたよ。

以下は私の新出単語の覚書です。

roseola infantum 小児バラ疹 (先生はroseolaをロショーラと発音してた)
rash 発疹
be hospitalize 入院する 
be discharged from the hospital 退院を許される
中国語:允许出院/出院回家
out of the hospital / go home

blood test 血液検査
CBC (complete blood count) 全血球算定 採取した血液に含まれている赤血球と白血球と血小板の数を調べる検査法

virus infection ウイルス感染
germ 菌
bacteria  バクテリア
antibiotic  抗生物質

IV (intravenous) 静脈注射、点滴 drip
be dehydrated 脱水症状
vein 血管  (collapse (血管が)切れる)
urinalysis 尿検査



キレイな大きな病院でした。



オネエのフィリピン人に英語を習う

昨年10月から語学学校で週に1回3時間、英語のマンツーマンレッスンを受けています。グループレッスンも受けられるということで、昨日始めてグループレッスンに行ってきました。

色々衝撃的な授業でした。

この学校はIELTS対策が主体の学校のようで、生徒はIELTSを受けるために通っているみたいです。みんなカナダやアメリカで働きたいそうです。生徒は十数人で、20代くらいから50代くらいの女性がほとんどで、一人だけ男性がいました。

授業前にはみんなでフィリピン語でテンション高くおしゃべり。
ワタシ、めっちゃアウェイ。
先生はSir. Blue (仮名)という30代くらいの背の高いたぶん男性。
教室に入ってくるなりテンションの高いフィリピン語。 赤い口紅塗って、ピアスして、細身のパンツを履いてました。
私の台湾のアイドルSHOWさん(羅志祥)がバラエティー番組でやるオネエ(Dancing king哥)を思い出しました。

「あなた日本人なのね!日本語知ってるわよ、えっと、センプウキ!センプウキをキキナサイ!」
誰かが静かにするようにという意味で「扇風機を聞きなさい」と言ってたらしい。
扇風機の羽音を聞くためには静かにしないといけないから。こんな表現始めて聞いた。
その後しばらくクラス中で「センプウキ」「センプウキ」という単語がこだましていました。

Sir. Blue は「今日は外国人がいるからみんなフィリピン語禁止よ~」といいながら、結局授業の6割はフィリピン語でした。
しかも大事なポイントをフィリピン語で言うのでわからない。

ワタシ:先生、今のところ英語でもう一回言ってください。(Sir, could you say that again in English?)
Blue :あら、英語だったわよ~ (Oh, it was in English!)
ワタシ:そうですかね (I don't think so.)
Blue : あらやっだー!(Oh, no!)

って感じです。

おかげでtapos (それから)とpero(でも)というフィリピン語が覚えられました。
英語で話していてもなぜかこの二つはフィリピン語で言うのが不思議。

ワタシ、めっちゃアウェイ。でもこのクラスに通えばフィリピン語が上達しそうです。
普段見れないフィリピン人の様子が見れるのもちょっと面白い。

ちなみにたぶん韓国語の先生もオネエっぽいし、私が普段習ってる先生は女性だけどクネっとしてるし、受付の女性もよく甘え声を出しているし、マネージャーの男性は男っぽいけれど後ろ髪を小さく三つ編みにしていて、なんとも女っぽい学校です。


IELTSのリーディング問題めっちゃ難しい…

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

フィリピン語も勉強中

フィリピンでは基本的に英語が通じますが、国語はフィリピン語(タガログ語)です。
外国人が少しでもフィリピン語を話すととても喜ばれます。
外国語オタクの私としてはこの機会に学ばない手はない!ということで、昨年の10月くらいから
勉強を始めました。
車での移動中にドライバーに習う他に、一週間に一回家庭教師の先生に習っています。

勉強するにあたって、こちらの書店でテキストを探したのですが、あまりたくさんありませんでした。
とりあえず適当に選んだのがこのテキスト。

I'd like to speak Filipino 1
Victoria P. Carlos

CDが付いていたのが決め手です。語学はやっぱり耳からです。
でも初めの方に簡単に文法等の説明があるだけで、本文のダイアログはシチュエーションごとの対話です。
多くの語学テキストにあるように順序立てた新しい文法の説明がないので、初心者には勉強しにくいテキストでした。

そして今使っているのがこのテキスト。
11月に一時帰国したときに日本で買ってきました。

フィリピン語 (世界の言語シリーズ6) CD2枚付 (大阪大学世界言語研究センター 世界の言語シリーズ)



もっと薄くて簡単そうなのを考えていたのですが、ダイアログがそのまま使えそうで、かつ文法事項の説明が詳しそうだったのでこれにしました。もちろんCD付き。3456円。
まだ1課分を終えただけですが、文法説明もわかりやすく、気に入って使っています。天下の大阪大学が出版しているだけあります。たくさん載っているコラムを読むだけでも楽しいです。

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

フィリピンの華人と話す

メイドさんのおかげで少し余裕ができたので、語学スクールに行ってきました。中国語レッスンもあったので、トライアルレッスンを受けました。

先生はフィリピン生まれの華人の方。お父様が福建省のご出身とのことで、南方の香りのする中国語でした。子供の頃はこちらの中華学校に行かれたそうです。スクールは主に初学者向けで、残念ながら私のレベルに合うクラスはないとのことでしたが、フィリピンで思い切り中国語で話せて楽しかったです。

フィリピンで中国語を学ぶ人の目的は仕事や趣味とのことです。2人の美人フィリピン女性の生徒さんを見ました。ビジネスエリアには中国人がとっても多くいるそうです。先生は平日は別の会社で中華系客先の相談対応の仕事をしてらっしゃるそうです。

ついでに近所の美味しい中華レストランや中華街のことも教えてもらいました。中華街には中国語書籍を扱う書店もあるそうです。行ってみたい。でも中華街は私が生活しているエリアとは違って、治安があまり良くないそうで、気をつけて!と5人くらいから言われたのでちょっと怯えています。フィリピン人の方についてきてもらえば大丈夫とのことなので、誰かにお願いして行ってみたいです。

今週は同じ学校の英語レッスンにも行く予定です。学校はたのしいな。



テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

プロフィール

Nana

Author:Nana
語学好きだけどしゃべれないから英語コンプレックスをずっと持っていました。留学してないからしゃべれないって。

その反動で大学で中国語を専攻、交換留学生にも選ばれ、我ながら学生時代はよく勉強しました。通訳者や翻訳者に憧れつつ、まだ実力が伴わないので無理だと思い、メーカーに事務の正社員として就職。そこまでは無難な道を選んできたと思います。冒険したのは正社員を辞めたとき。

派遣社員としてずっと憧れていた翻訳者のキャリアに1歩踏み出しました。

派遣社員になるときは、ワーキングプアになって死ぬと思い込んでたけど、まだ生きてる。
結婚したときは、仕事ができなくなると思ってたけど、できた。
子どもができたときは、勉強なんてできなくなると思っていたけど、意外とできる。

英語もしゃべれるようになんてなれないと思ってたけど、ほそぼそとでも仕事で使ったり勉強したりしているうちにちょっとしゃべれてるかも!?

これまではいつもそんなの無理、という固定観念に勝手に振り回されてただけかも。ちょっとだけ頑張って踏み出したら新しい世界にいける、最近そう思っています。

今は通訳案内士試験に向けて勉強中。過去に3回も落ちているので、もう絶対受からないと思っていたのだけど、このまま試験がなくなってしまうと後悔が残ると思って4度目のチャレンジです。中国語も英語も受かりたい。

子持ちの33歳。2016年8月から夫の駐在に伴いフィリピンで暮しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Thanks for coming by
*

English 中国語 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。